「十二国記」シリーズ新装再開おめでとうございます


**********************************

「……景麒……おねがい……っ…これ、とってぇ……ぁっ」
「なりません」
陽子の懇願を、景麒はにべもなく切り捨てた。
「あっ……でも…っ…もぅ……やだ…ぁっ」
陽子は首をぶんぶんと横に振って、せめてもの抵抗を彼に示すが、景麒は全くとりあおうとせず、ただその舌と指を動かすだけである。
「っあ…ぁ……やぁ……っ!」
陽子の頬は紅く染まり、眉は苦しそうに顰められて、口からはひっきりなしに甘い喘ぎが上がっていた。
長く伸びた緋色の髪は、陽子が首を振るたびに煌めいて、闇夜に赤い軌跡を残す――。

(※性的表現が含まれますので、18才未満の方の閲覧はご遠慮下さい)
⇒続きを読む
2012/04/02(22:31) | Comment:2 | TrackBack:0